親と子と教職員の教育相談室: 日本教職員組合/国民教育文化総合研究所/一般財団法人日本教育会館 共同設立団体

親と子と教職員の教育相談室

相談方法 −アクセスはいろいろ− 相談員はどんな人? 相談室からのお知らせ 機関紙「相談室だより」 関連相談機関の紹介

相談員のご紹介

 私たち「親と子と教職員の教育相談室」の相談員は、教育現場の様々な分野で長年活躍してきた専門カウンセラーです。

  相談は子どもたちに直接かかわる問題のほか、先生のこと、保護者のこと、PTA活動にかかわることなど、何でも構いません。ぜひお気軽にご相談ください。

相談担当日

月曜日、土曜日

担当相談員

みこしば

 

臨床の立場から、子どもの発達・育児について、思春期の様々な問題(不登校・反抗・神経症他)保護者、教職員ご自身が抱えている問題(家族・職場)メンタル面の相談をお受けいたしております。

相談担当日

火曜日

担当相談員

こだて

 

高校での教職経験や子育て経験を生かし、学校生活全般、高校への入学・転学・再入学などについて、また教職員の方の職場での悩みなどの相談をお受けいたします。

相談担当日

水曜日 昼・夜間

担当相談員

とくなが

 

教育現場での豊富な教育相談事例を基に、子どもの問題、いじめ、不登校、セクハラ、虐待などいろいろな問題に対応できます。幅広く相談をお受けします。

相談担当日

木曜日 昼・夜間

担当相談員

せきぐち

 

心理臨床家として、幅広く発達援助活動をしています。登校拒否、非行問題、発達障がい、摂食障がい、リストカット、薬物依存、心の病、等の心の問題からの回復を援助していきます。

相談担当日

金曜日

担当相談員

かたやま

 

小学校、特別支援学校の養護教諭としての経験や、相談活動の経験を基に子どもの問題、保護者や教職員の悩みなどについての相談をお受けいたします。

★相談員の担当日は変更される場合があります。

相談の受付時間

毎週月〜土10時〜16時まで
水・木のみ夜間17時〜21時まで

※ただし12時〜13時までは原則として昼食休憩です

相談の方法

電話相談と来室相談を主として相談活動を行っております。

  1. 保護者、子ども、教職員の方々からの相談に応じます。
  2. 次のようなご相談に応じます。
  3. 学校生活:

    • @いじめ・不登校
    • A勉強のこと
    • B進路の悩み
    • C部活動のこと
    • D教師・友人関係

    心と体:

    • @ひきこもり
    • A心身の障害や発達の遅れなど

      家庭・社会生活:

    • @しつけ・育て方
    • A親子・家族関係
    • B盗み・生活の乱れ・家庭内暴力

    教職員の相談:

    • @人事・服務・教職員関係
    • A学級運営・指導上のこと
    • Bセクシャル・ハラスメント、パワー・ハラスメントに関すること
    • Cメンタル面に関すること 

    ※上記以外のご相談については、お答えできない場合があります。

  4. 手紙、FAX、メールでの相談は、なるべく詳しく具体的にお書きください。また、お答えには、1週間(日、祝日を除く)を要することがありますので、ご了承ください。
    お急ぎの方や詳しい相談をご希望の方は、電話相談、来室相談をご利用ください。
  5. 来室相談は、ご相談される方のご都合の日時に合わせて相談に応じています。事前にお電話でご予約ください。

 




Copyright(C) 2001-2017 oya to ko to kyoushokuin no kyouikusoudanshitsu. All rights reserved